熱交換器のトラブルと各種点検

ボイラーなどを使用して温度を上げる温浴施設などでは、廃湯熱交換機が設置されているケースがあります。機械が新しく熱伝導率の良い間は快適で、エネルギーコストも抑えることができる廃湯熱熱交換器ですが、配管内のトラブルやパッキンの腐食などが故障につながる危険性があります。

熱交換器情報がさらにわかりやすくなりました。

特に温泉施設などにおける湯の通り道である配管内はスケールがたまり石化する可能性が高く、結果的に施設全体が停止せざるを得ない状態となります。熱交換器は配管内の目詰まりなどですぐに機能が低下し、エネルギーコストが増えていきます。
お湯の温度を上げたりする場合には設定した温度との隔たりが大きいと確実に燃料の消費量が増え始め、次第にボイラーが常に燃焼状態となる可能性が高くなります。

定期点検と清掃における設備内のスケールの除去は重要で、定期的に行うことでトラブルを減少させることができます。



メンテナンスが必要な場合には必ず分解して清掃及びクリーニングすることが大切で、設備を長期間保つためには重要な作業となります。熱交換器のメンテナンスは専門的な知識が必要なために、十分な経験とノウハウを持った業者に依頼することが肝心です。


点検は設備を最良の状態で常に運用できるために行うことが目的であり、定期点検を行うもとになる資料は日常点検になります。
レベルや数値の変化を毎日漏らさず観察することで、設備の異常と故障に陥りやすい状況を把握することができるようになります。